大きいファイルは転送してもらうことで渡せる

データ修復のサービス依頼

ファイル ハードディスクなどのデータ復旧を行ってくれる会社はたくさんありますが、トラブルを防ぐためにも信頼できるところを選ぶようにしてください。明確な料金体系を持っているか、法令に則って運営されているかなどを見ておきましょう。

詳しく見る

レイアウト変更に必要

フォルダ オフィスのレイアウト変更を考えているのであれば、配線工事も必要になってくることがあります。どういうレイアウトにするのかによって、仕事も行いやすくなりますし、使い勝手がよいと仕事の効率もアップするということがあります。

詳しく見る

快適な仕事環境のために

フォルダ オフィス配線は、床にそのまま置いておくと、まとまりがなく、見た目がゴチャゴチャするため、見た目も悪く、歩く時には転倒の心配もあります。オフィス配線を隠すには、床下に配線を隠すことができるOAフロアを採用すると良いでしょう。

詳しく見る

必要性を考える

フォルダ オフィスでレイアウト変更をする場合、配線の変更も検討する場合があります。電気工事を行っている専門業者に問い合わせをすることによって、対応をしてもらうことが可能になるので、まずは相談をしてみるとよいです。

詳しく見る

整理する方法

フォルダ オフィス環境で良く問題になるのが、ネットワークや電源などの配線整理です。OAフロアのオフィスを最初から借りるのであれば、それほど問題ありません。しかし、うでない場合はフラットケーブルを活用するのも1つの方法です。

詳しく見る

大きいファイルの送り方

ファイルを持つ人

ファイルを転送してくれるサービスの活用

仕事先の会社にデータを送ろうとしたとき、『なぜかメールにファイルが添付できない』という状況に陥った方もいるでしょう。もしかすると、それはメールのトラブルではなく、添付ファイルの上限サイズに引っかかっている可能性があります。メールサービスによって上限は異なりますが、100メガを超えてしまっているファイルの場合はまず間違いなく添付できないと考えてもよいでしょう。その場合は仕方がなく、郵便やバイク便、そして手渡しなどで物理的にデータを渡そうとするかもしれません。しかし、それではそこそこの費用がかかりますし、それなりの時間がかかってしまうのでおすすめではできないです。インターネット上にはファイル転送サービスという、メールでは送れないサイズが大きいデータを簡単に送れるようにしてくれるものがあるので利用を考えましょう。ファイル転送サービスを初めて知った方は、どのようなものなのかまったく想像ができないかもしれません。しかし、仕組みはとても簡単で、ファイル転送サービスがデータを預かってくれて、相手に渡す手伝いをしてくれるものです。具体的なやり方は、まずファイル転送サービスが用意するサーバーにファイルをアップロードして預けます。あとは相手がそのサーバーからファイルをダウンロードして受け取るだけのかなり簡単なシステムです。サーバーに預けるのが怖いと感じるかもしれませんが、ビジネス用のコースが用意されていれば、情報が漏れる可能性は低いので心配なく使えるでしょう。