大きいファイルは転送してもらうことで渡せる

整理する方法

フォルダ

快適な環境をつくるには

ビジネスを続ける上で快適なオフィス環境づくりは欠かすことはできません。しかし、オフィス環境で問題になるのが、ネットワーク配線などの整理です。すっきり配線が収納できない、コードにつまずいて転倒してしまわないか心配だ、といった声が少なくありません。確かに一般的なオフィスでは、ネットワークや電源のコードなどの配線があちこちにあるというのが現状です。オフィスを開設したばかりではそれほど問題なくても、数年たてば新しい機器を導入するなどして配線が増えることも少なくありません。そうなると、配線周りがどんどんゴチャゴチャしてしまいます。配線が邪魔で業務の効率が上がらないなどの問題点も出てきます。もし配線の問題を解決したいならば、あらかじめOAフロアを採用したオフィスを借りると良いです。何故ならOAフロアは床が二重構造となっていて、床の下にコードなどを収納できるからです。OAフロアならば配線周りをすっきり収納できるため、快適なオフィス環境を実現できます。もししかし、途中でOAフロアに改修するとなると、施工費用など多大なコストがかかってしまいます。もしOAフロアを使わずに配線を整理したいならば、フラットケーブルを使用するのも1つの方法です。フラットケーブルは通常のケーブルの約3分の1の厚さで、表面が平たくなっています。段差がないケーブルなので、引っかかってつまずくリスクが少なくなります。さらにちょっとした隙間にケーブルを入れることができるので、すっきりしたオフィスにすることができます。